ams

a tokyo based manicurist, hatsuki furutani's salon works from a.m.s. ebisu place in shibuya

2018-12-13

藻と模糊の藻屑と藻

a.m.s.恵比寿プレイスです。

今日のネイルは曖昧模糊とした藻屑的藻のネイルだね。


ところで。

常々常日頃申し上げているように、私解説者マサ子(仮名)はオデブリーナのデブリータ。であり、20年で20キロ太った。それで毎年会社の健康診断が終わる度に

あなた、メタボですから相談にのりますよ

という お葉書が来るのだが めんどくせえから無視していたのだが、どうにもこうにもどうにもならなくなって、右肩上がりの体重を止める事ができないので、メタボ健康相談とやらに行ったのが9月の頭頃だったかしら。

そっからちまちま毎日消費カロリーが摂取カロリーを上回るようにしてたら3ヶ月で7-8キロ痩せたんだけども 誰も気がつかないんだが是どういう事なんだろうか?もしかして100キロの人が95キロになっても誤差の範囲的感じで本人しか気がついていない的な症例なんだろうか。と思って 会社で人を捕まえては

なんで痩せたのに気がつかないんだ

と責めていたら なんかみんな

ヒ・・ィ 言ったらいいいけないとおおおお思って・・

みたいな事であり最近は色々なんとかハラスメントみたいのとかコンプライアンス的なあれがナニであり 痩せたということすら指摘するのを躊躇するとかいう話なんだが そりゃ あんた太りましたねと言ったらそりゃ怒るけどもオフトリーナの人に痩せたって言っても怒って内部通報とかしないと思うんだけどなあ。

それでは。

2018-12-11

逢魔が時と地上一階

a.m.s.恵比寿プレイスです。

こんにちはー。今日のネイルは イオナわたしは美しい。的な女の人が書いてあるね。何の事を言っているのかわからない若い読者のお嬢さん方は会社などで諸先輩方に聞いてみよう。


しかしだ。

はっちゃんのたもうて曰く。

人生なんて魔の連続だよ!

こうして文字にするとちびまる子ちゃんのようであるが、私解説者マサ子(仮名)としても賛同する次第である。私解説者マサ子(仮名)なども大概魔が差している。むしろ差していない事はほぼほぼない位であり、神戸牛の脂肪か私解説者マサ子(仮名)の魔か。というくらいの立派な差し具合であり、ビールで揉んだりモーツァルト聞いたりしなくても魔が差すあたり、私解説者マサ子(仮名)の方がいくぶんか神戸牛より偉いのである。

大概はっちゃんとは話が平行線であり、だいたいはっちゃんは 金八先生が好きだが私解説者マサ子(仮名)は苦手である。話が交わるのは お座敷小唄と耳無し芳一が好き。っていうくらいな事しかないんだけど、「人生なんて魔の連続。」にはその主旨に心から共感し賛同する次第である。

そんでまたぞろ魔が差して、こないだデパートの一階に化粧品を買いに行ったんだが、昔っからアイシャドーってこんなにどこのブランドも同じ色ばっかだったっけ・・。どれもこれも皆似たりよったりで、どいつもこいつも似やわせん。欲しい色が無いのだが、これが流行のせいなのか・・・ それとも私解説者マサ子(仮名)の瞼がくすんで来たせいなのか一体何なのだろうかね。




しかしそれにしても最近は秋冬だからなのか何なのか オレンジとか茶色系の色しかないのな。私解説者マサ子(仮名)は90年代の人だから気を抜くと眉毛に角度が尽き、目の周りを青白いハイライト的なもので囲みたくなるんだが そういう囲む系の青白い用品って売ってないのな。よかった。売ってたら囲んじゃうところだった。

それでは。

2018-12-06

キャンディー経産省

a.m.s.恵比寿プレイスです。

こんにちはー。今日のネイルはキャンディーのネイルだね。こういう昭和の飴あるよね。


さて。

私解説者マサ子(仮名)はこないだ美容院に行った。高校生の頃以来、ストレートのロングヘアをやっていないので、ロングヘアができなくなる前に、ストレートのロングヘアをやりたい。

であるからして、最終着地地点がストレートのロングヘアになるような髪型とせざるをえない。特に今は、くりくりパーマも落ちて来たし 前髪も中途半端な長さだし なかなかに美容師さんも腕の見せ所である。美容師さんはいい具合にいつも70年代〜80年代的ださいのかそうじゃないのかわからない感じの絶妙な所で落としてくれるのであり、今日もいい感じである。

敢えて誤解を恐れず言えば、スーちゃんのようではないか。ふぁっふぁっふぁ。

[右側:スーちゃん。]

余は満足じゃ 満足じゃ。

望月のかけたることもなしと思へば。

・・ と 思って美容院から町を闊歩して色々と用を足して家に帰る途中途中にもショーウィンドウに写る自分を見て 

・・スーちy・・?

あら・・?片山☆さつき・・ さ・・?

・・・

なんというのだろうかね。

このほのかに香る一抹の・・というか圧倒的片山さつ☆きさん的女史感は。




きっとスーちゃんだからいけないに違いないのであって 次回は ランちゃんにして下さい。って言ってみよう。そうしたらきっとランちゃんになるに違いない。

それでは。

2018-12-04

迷走威嚇ラブアンドピース期

a.m.s.恵比寿プレイスです。

こんにちはー。今日のネイルは薔薇の花が咲くネイルだね。


私解説者マサ子(仮名)は最近色々とファッションを改造している。と言えば聞こえは良いが まあまた色々迷走している。もう迷走がライフワークなんだと思う。

またぞろ迷走を開始するに至ったのもこないだおそらく50歳を超えていると思われる気合いの入った西洋人の女性を拝見し思うところがあり

即ち 

やっぱし威嚇って大事だな。

と 思ったからなんだけども、やはり 1.に威嚇 2.に威嚇 3.4.に化粧で5.にピンヒール。である。これを東洋人女性が美魔女的要件を排除して実践するにはなかなかにハードルが高い課題なのだがなせばなる。なさねばならぬ。

しかし私解説者マサ子(仮名)も四十をとうに超えて ファッションも一回りどころか二周り三周りは周回にヘアピンカーブを重ね 色々繰り返している気がして来た。まずだいたい20歳くらいの頃は私解説者マサ子(仮名)とて番茶も出花でありしかも時は90年代まっさかりであり毎朝毎朝化粧に60分かけ髪巻いて

シンディークロフォード。

みたいな髪型しとった。愛読書JJ。道長的ミッチー期。即ち望月のかけたることもなしと思へば。

そんで20代後半まではなんとなーくそれ的OLさん的路線だったように思うのだけど 30歳も超えると 

はて。

しっかしなんか似合わねーな。

みたいな事になって色々と迷走が始まる。

暗黒ロハス期の幕開けである。

多くは語るめえ。

とにかくそのようにしてビーガンを数年やって玄米ばっか喰って7キロ太ったり、髪をヘナで染めてみたり自分で化粧品作ったりヨガやってみたりした時代を経て三十代も半ばにさしかかり

しかしまたこりゃあんた冷静になってよくよく考えてみっと誰がどのツラさげてロハスやねん あかんでこりゃ

みたいな気づきを得て、更なる逆噴射とダッチロールとタッチアンドゴーを重ね、金髪マッシュルームカットにしてコムデギャルソンを着てみたりする遅咲きの服飾専門学校の学生みたいな時代を経由し 転職したらさすがに金髪マッシュルームはいかんので とりあえずオノヨーコみたいな髪型にしよう。ラブアンドピース。と思ったんだけど 服飾専門学生期にしてもラブアンドピース期にしても所詮化粧はしないしハイヒールも不要である。

でもあなた奥さん。

ここ最近ご苦労が多いのか加齢的アレなのか、大量に白髪とか出て来るし、ナチュラルなのかラブアンドピースなのか小汚ねえのかさっぱりわからねえなあ。みたいな結論に至りやはりここは緊褌一番、威嚇が肝要である。と思ったんだが まあ要は定期的にエリマキトカゲが盗んだバイクで走り出す。みたいな事象だよね。

それでは。

2018-11-29

怪異とドッペルゲンガー

a.m.s.恵比寿プレイスです。

こんにちはー。今日のネイルは爪痕の残る天狗色のネイルだね。


さて。

私解説者マサ子(仮名)はどうにも疲れているのかもしれない。

私解説者マサ子(仮名)は質実剛健にして清く正しいジャパニーズビジネスマンで或る故こないだ会社に行って朝給湯室でコーヒーを入れていたら 同僚のゆう子ちゃん(仮名)が よく着ているベージュのカットソーみたいのを着てにこにこしながらトイレから出て来てこちらに来るのが自動ドア越しに見えたらから

あら ゆう子ちゃん(仮名)今日ははやいんだな〜

とか思ってコーヒーに砂糖を入れたりしてたんだけど 一向にこちらにこない。用事があって他のフロアに行ったのかもしれないし

それで まあそんなこともあるかなと思って 席に戻ったら 果たして ゆう子ちゃん(仮名)が

おはようございま〜す

と ご出社されたのだが なんかコート着ている。さっきコート着てなかったじゃん。しかも明らかにコートの中に着ている服の色が全然違う。

ごめん ゆう子ちゃん(仮名)今日、何着てる?

と 聞いてみたら なんか黒いジャケット着てんの。

(するってえと さっき私解説者マサ子(仮名)が給湯室で見たのは ・・?

幻覚というのは本人にとっては幻覚でないわけであるからして のべつまくなし電波攻撃を受けているとか 誰か盗聴されているとか そういう主張が起こるわけなので 私解説者マサ子(仮名)がさきほど見たゆう子ちゃん(仮名)は実に真に迫っており全くもって幻覚に感じられず 是、所謂一つの

モルダー、あなた疲れてるのよ

っていう事なんだな・・と思った。

それでは。

2018-11-27

女性性と婦人力の威嚇

a.m.s.恵比寿プレイスです。

今日のネイルは女性らくしも儚気で美しいネイルだね。


さて。

私解説者マサ子(仮名)はこの7-8年ヒールを履いていなかった。大地を踏みしめ根を張って生活してきた。足の指ひらきっぱ。である。実にらくちんであり、愛用の靴といえば365日VANSのスリッポンである。何足はきつぶしたことか。

しかしこないだ常にピンヒールを履きこなしているとあるステキな年上の女性の後ろ姿を見て、やっぱ ヒール履いてみようかな。やっぱり 人間、というか女も四十超えると威嚇ちゅーのも益々肝要なことであるな。

・・と感銘を受けて 家に帰って家捜ししてごそごそしてクローゼットの奥の奥の奥の院の御簾の奥から引っ張り出した昔とった杵柄的ヒールを履いて会社に行ったのが運の尽き。

死ぬかと思った。

あれ何て竹馬?

つーか 歩けねえつーの。

生まれたてのバンビちゃん(自称)みたいな状態であり、ほぼほぼ伝い歩きである。介護用の伝い歩き手すりとか欲しい。しかもカーペットが敷いてあるところは良いけど、普通の板の間的な所とかつるつるすべってスケートリンクのようである。ヒールを履いてすたすた歩いている女の人たちの半分以下の速度でしかあるけなくて常に 

あれぇ〜 待ってぇ〜(プルプル 

おいてかないでぇ〜 待ってよぅ〜 たのもぅ〜 (アバアバアババ”$’#WTg・・

みたいな状態で何日か過ごしたのだけど、恐ろしいもんで また慣れて来て普通にスタスタ歩けるようになってきた。やっぱ昔取った杵柄力のなせる技であろうか。これを以て世に言う例のあの、女子力。なるものの向上と言うのであろうかとも思ったがむしろお年頃的にご婦人力である。あれから20年。ご婦人パワーである。きみまろ的文脈である。

しかし革靴ってやたら足の裏に汗かかないか?まだ足の裏が緊張してんのかな。

それでは。

2018-11-22

夜会仮面舞踏会

a.m.s.恵比寿プレイスです。

今日のネイルは黒レースにして黒蜥蜴的な、アイズワイドシャット的秘密の夜会的ネイルなのかな。


さて。

私解説者マサ子(仮名)は自他ともに認めるねこおばさんにしてねこおばさん。なのであり、平日の夜に飲み会などに出かける際には、必ず一旦自宅に帰ってねこに大晩餐を供してから飲み会に出かける律儀さにして係りのモノ。である。ねこにも

にゃー (オイ そこのカカリ。

と 呼ばれているくらいである。

だもんだから、まあ平日昼間は会社用の清く正しくも美しい てかまあ美しくもないんだが とにかく会社用の仮装をして会社に行っているのだが あれは仮装なので、一刻も早く脱ぎ捨てて 自分のしたい格好をしたい。なので、平日の夜に飲み会に出かける際には、一旦自宅に帰ってねこに大晩餐を供すとともに、着替えてから再度出かける。

のであるが、最近は一旦家に帰る余裕がなく 会社に仮装ではなく正装。つまり、自分のしたい格好をして会社に行ってしまうことがたまにある。

今日なども気の違ったような黄色銀色のスカートを履いていたら、経理のあゆみちゃん(仮)が

あら〜 マサ子(仮名)先輩 今日はお夜会?

とか おっしゃる。

いわゆる一つの 

ええ。今日のベルサイユは大変なひとですこと・・。

ってやつなんだが モノは言いようで 女子会とやらもご婦人会。と呼ぶと急に参加したくなって来る気もしないでもないので 不思議なものであるのである。てかお夜会つっても 新橋の雑居ビルの飲み放題4500円のお夜会なんだがな。

それでは。

2018-11-20

ちょっぴりエッチな王国主義

a.m.s.恵比寿プレイスです。

こんにちはー。今日のネイルは王冠にしてキングダムのネイルかな。


さて。


発生確率が低いため考慮しなくて良いリスクでも考えたくなる時が人間にはある。

私解説者マサ子(仮名)がこの季節によく考えるのは

ハロウィンパーティーに誘われたらどんな仮装をすればよいのだろうか。

という件なのだけど まあ普通に考えりゃ私解説者マサ子(仮名)は オデブリーナにしてちびの助。であるので、背が高くすらりとした人と組になってR2D2とC3POをやる。というものだが、だいたいが背が高くすらりとした人というのはそうした馬鹿げた提案には乗って頂けないものであり、このアイディアは暗礁に乗り上げるのではないか。というか そもそもハロウィンパーティーには誘われていないのだけどもまあそこはさておき 暗礁に乗り上げるのである。

それでさ。

いつも若いお嬢さん方の仮装を見ていて思うのだけど、何かこう婦警さんとか看護婦さんとか 悪魔ちゃんにバニーの耳がついた仮装とか。必ず網タイツ的なタイツとミニスカートに赤い口紅であり、ちょっと性的な香りを漂わせながらもぴりりと辛い。といったテーマを追求しておられるようである。

ここは私解説者マサ子(仮名)43歳も緊褌一番 何かこうだな このテーマに沿ってだな ちょっと性的な香りを漂わせつつもぴりりと辛いやつをだな 考案せねばならない。事はないのだが、まあ考案するとして ・・ などととりとめも無い事を考えながら 通勤経路をてくてく歩いていたのだけど思うに

出所してきて旅館で仲居として働く阿部定

ってのは名案ではないか。

つーかむしろこれ一択じゃね?

と 思ったんだけど それってただの親戚のおばさんじゃねえのか とか普通に仲居さんじゃん。とか。

むしろ所謂地味ハロウィン に出席する部類である。

ちなみに標題の「ちょっとエッチな・・」というのは 明菜ちゃんのデビュー当時のキャッチフレーズ 「ちょっぴりエッチなミルキーっこ」に依るものであるが ↓めっちゃかわいいよね〜


あ。あと 濱のメリーさん。てのもあった。あと婦長さんでいいなら看護婦さんできるけどどうだろうか。

それでは。

2018-11-15

いっそ鋭利な処女のセレナーデ

a.m.s.恵比寿プレイスです。

こんにちはー。今日は何やら鋭利な刃物的な何かを思わせる鋼的なステンレス的な鋭いネイルだね。


さて。

常々日頃より申し上げているように私解説者マサ子(仮名)は世を忍ぶ仮の姿的な例のアレ。として清く正しく美しくも質実剛健なサラリーマンを日々執り行っておる。

まあ仮に上司がハンガリー人の女性。としようじゃないか。

そんで、よく詰められる。

松の廊下を歩いて詰められ部屋に入って行く時など 事情を知っている同僚のみなみなさま方などは同情しつつも ニヤニヤ。としながら 大変ですね〜 などと叱咤激励して下さるのだが 詰められ部屋から出て来るとげんなり。であり、そのげっそり具合(当社比)といったら 鉄の処女に閉じ込められて血を抜かれたらこうなるんじゃないか。というレベルの げっそり具合であり、ふらふらしながら鉄の処女から出て来ると 同僚のゆう子ちゃん(仮名)など その様子を見て

マサ子(仮名)先輩 マサ子先輩、あの古代の中国とかで八つ裂きってあるじゃないですか〜 手足をひもでくくって牛に縛り付けて両方からひっぱるやつぅ〜?

とか 嬉々としておっしゃる。

ゆ ゆう子(仮名)ちゃん・・ いやそれならいっそ一思いにセレナーデ・・だからかえって楽だと思う・・か・・な

じゃああれだ!首まで地面に埋めて 通行人に切れないのこぎりで一人一回づつちょっとづつ首切ってもらうやつ〜!

とか 満面の笑みでおっしゃるのだが それもちょっといやかなあ・・。




それでは。

2018-11-13

紫色のマハラジャ貴族

a.m.s.恵比寿プレイスです。

こんにちはー。今日のネイルは派手だけどシックでシックだけど派手なネイルだね。


私解説者マサ子(仮名)はこないだネイルをしてもらいにはっちゃんのところに行った。その日の服装はぺらぺらながらもギラギラした濃い紫色のロングのシャツに ハックション大魔王みたいな形をしたボンタン的な黒いズボンと蛇のブーツであった。そしたら、我がa.m.s.恵比寿プレイスの代表にして支配人、社長にしてごりょんはん。であるところの 御寮人様がいらして 御寮人様、私解説者マサ子(仮名)の格好を一瞥して曰く

なにそれ たけのこ族〜?

とか おっしゃる。

いやまあ時代考証的にはあっていると思うのだけど、むしろ 私解説者マサ子(仮名)的には ♪私あなたのママーじゃーない〜 の百恵ちゃんの方なんですけど・・



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

閑話休題。


それでスルタン的なハックション大魔王的つながりなんだけどもさ、私解説者マサ子(仮名)はこないだ休みの日にお昼ご飯を作るのは嫌だし、かといって日曜日はあまり近所のレストランが開いていないので、仕方なく家の隣に新たにできたインド料理兼タイ料理屋に入った。だいたいこの、「兼」っていうのは 蕎麦屋なんだけど饂飩と天婦羅と寿司も出します。みたいな匂い的雰囲気がするので、気乗りがするかといわれるとそうでもないような気もしながらも、お腹すいているしだいたいビリヤニがあればなんでも良いや。

と 思って そのインド料理兼タイ料理屋さんに入ってビリヤニを注文した。

へい、大将 ビリヤニひとつおねがい

そしたら果たして先客はおらず、私解説者マサ子(仮名)は一人供されたマトンビリヤニを食べ始めたのだけど どうも なんだ あれなんだ。その店員さんの一人が私解説者マサ子(仮名)の少し離れたところで 足を肩幅に広げて直立不動で手を後ろに組んで 私解説者マサ子(仮名)を見守っておられる。実に微妙な距離感であって、私解説者マサ子(仮名)をガン見するわけでもなく、目をそらしながらも微妙に見守っておられる。かといって、アメリカとかに行くと途中でウェイトレスさんとかが ヘーイ 料理はどうかな〜的な事を聞きに立寄りにくるけれども、あれでもない。とにかく、絶妙にして微妙な距離感で足を肩幅に広げて直立不動で手を後ろに組んでおられる。

まあ なんだ。

私解説者マサ子(仮名)は今迄生きて来てシークレットサービスとかついたことないし あと王侯貴族でもブルジョワジーでもましてやマハラジャじゃないわけで 部屋の隅に誰か立っている暮らし。とか したことないし だいたい私解説者マサ子(仮名)の賃貸狭小アパートの隅に誰か立っていたら それだけで部屋がいっぱいいっぱいになってしまう。むしろ自分の部屋の隅に誰か立ってたら地縛霊かよみたいな驚きがある。

昔、高校生の頃ホテルでベッドメイクのバイトしたんだけども、当時バブル期であって その高級ホテルの最上階の2フロアを占有するスイートは当時一泊数百万したらしいのだが、アラブの王侯貴族の高貴なお方が年単位で住まわれておられたそうな。

それでなんか ベッドルームにおいてあるベッドの足の方に 椅子がおいてあっから

この椅子なんすか

と 聞いたら

あ それお付きの人の椅子。

みたいな事があって スイートには当然お付きの人の部屋があるのみならず なんか眠る時もお付きの人が見守る的なならわし的な事に王侯貴族の業界ではなっているようで、ベッドルームにお付きの人が座る椅子が用意してあって実に気ぜわしいことである。スマホ見ながら寝てたりしたら 怒られちゃうのかな。お体にさわりますぞ殿。みたいな。

それでは。